TOP 凸凹商会
 最終更新日:2004.04.04
LSD組み付け
+使用工具
・プーラー
・ネジロック
・プレス(なくてもOK)
・トルクレンチ
・スライディングハンマー(なくてもOK)
+作業工程
. デフを降ろす

車輌からデフを降ろし、デフカバーを外しオイルを抜きます。サイドフランジも抜きます。
ベアリングキャップを外します。左右が分からなくならないよう刻印などを打っておきましょう。
LSDを取り出すとき、左右のシムの状態をよく覚えておきましょう。
2. LSD分解

今回はもらいもののLSDなので、中身の状態を確かめるため分解しました。
分解したら、洗浄して元通り組み付けます。

3. サイドベアリング脱着

画像のようにプーラーで抜きました。組み付け時はプレスで圧入しました。

ベアリングキャップも組み付けます。
  締付トルク:6kg‐cm

リングギアのボルトにはネジロックを塗って約15kgくらいで締め付けました。

4. デフケースにオイルシールを打ち込む

デフケースのサイドフランジのところのオイルシールを抜きます。古いオイルシールは外からたたいて中に落とすようにしています。
新しいオイルシールはサイズの合うコマなどを利用して打ち込みます。
5. 完成

S14リヤメンバーを使用しているため、180SXのデフはそのままでは付きません。デフカバー部分をS14のものと交換することで取付できます。
エア抜きの部分も180SXのケースから移植しました。

完成です。
+使用部品
購入部品 品番 単価 数量 価格
デフカバー 38351-43M70 5,560 1 5,560
スタッドボルト 38354-10V00 250 2 500
サイドベアリング 38440-N3100 2,790 2 5,580
オイルシール 38342-N3100 360 2 720
ガスケット(カバー) 38320-40F02 1,000 1 1,000
13,360
+最後に・・・
サイドフランジの種類(長さ・径・穴の数)がイロイロあるため、中古品を買うときは注意が必要です。デフケースもABS付きなどで長さが変わってきます。
今回は、カーツの最新式のLSDと思われるため、サイドフランジはボルトオンでした。バックラッシュの調整はR200の場合、シムさえ間違わなければ大概はそのままでイケると思います。過去に換えたことはありません。
TOP - 180SX - LSD組み付け↑ Copyright (C) 2002-2004 dekobokoshoukai. All Rights Reserved.




inserted by FC2 system